基本構造 | ネオホーム | 熊本で機能的で丈夫な平屋の住宅を販売しております。

基本構造BASIC STRUCTURE

ベタ基礎工法

家の荷重を底板全体で支える「ベタ基礎工法」を採用。 基礎スラブ厚150㎜で、スラブ配筋は異形鉄筋D13㎜を200㎜ピッチに格子状に配筋し、立上がりの部分は150㎜厚で高さ435㎜、配筋は異形鉄筋D10㎜を200㎜ピッチに配置した丈夫な基礎です。 地面からの湿気を防ぎ、床下のメンテナンスもし易い工法です。

金物先付け接合

「木造在来工法」とは、「軸組工法」とも呼ばれ日本の伝統的な建築方法です。 土台や柱、梁、筋交い等などの構造を基本と、木の強みを生かし、フレーム状に木材を組み上げ柔軟な構造体である建築方法を採用しています。木材と木材を接合するための仕口は断面欠損を考慮し ネオホームでは、一番負荷のかかる、4隅の通し柱に は、断面欠損の少ない「金物先付け接合」を採用しています。

耐震性

日本では、地震や台風などの自然災害は避けられない所です。自然災害によって建物に生じる力を、軸組工法では、「耐力壁」(たいりょくかべ)と言われる部分で負担しています。柱と柱の間に斜めに取り付けた「筋交い」という部材によって、地震や台風のときに生じる建物が倒れようとする力に抵抗しています。

国土交通省認定金物

ホールダウン金物とは、「引き寄せ金物」とも言い、木造で建物が水平力を受けた場合に、耐力壁にかかる引抜き力に対抗するために、1階では基礎又は土台と柱、2階では上下階の柱と柱又は柱と梁に取り付け耐震性を確保する重要な補強金物です。 筋交いは構造体力上とても重要な部分です。その重要な部分の耐力を確保するため「筋交いプレート」を使用し、強度の確保を確実に行います。

剛床工法

剛床工法とは、床の下地に厚い構造用合板を張る事により、水平力による水平面のネジレに対抗する工法です。 在来工法では、梁と床下地の間に根太という部材をはさみますが、剛床工法では通常の2倍以上の厚さの24mm構造用下地合板を梁に直接接合し、厚い合板の力で床の変形を防ぐ、耐震上最も効果的な工法なのです。

外壁軽量=地震負荷軽減

地震のとき、重い建物ほど地震の力を大きく受けます。 外壁材を軽くすることで、地震の際に建物にかかる力を小さくすることにつながります。そこでネオホームでは、建物に負荷を与えにくい「金属サイディング」を採用しています。

金属サイディング

本体の芯材には軽量の硬質イソシアヌレートフォームを施して有り、1m2あたり約3.5㎏の軽さで、モルタルの約1/10の軽さ、窯業系サイディングの約1/4の軽さですので、地震時の揺れによる影響が小さくてすみます。

外壁フッ素焼付け処理

フッ素焼付塗装を採用した高性能金属サイディングは、従来の焼付け塗装に比べ、耐久性が格段に優れ、外壁性能を守ります。また、長期にわたり外観を美しく保つというメリットもあります。

屋根ハイブリットカラーGL

フッ素とアクリル樹脂の配合により、色あせが少なく、酸性雨にも強い、複合機能型塗装鋼板。


耐食性能:試験片を5%に希釈した硫酸溶液中に浸漬して、試験片の変色・錆・塗膜のフクレ等を確認してもほとんど変化がありません。