NEO HOME

NEO HOME

SPECスペック

吹き付けウレタンフォーム断熱

吹き付けウレタンフォーム断熱

高い断熱性と気密性を誇る吹き付けウレタンフォームを採用。複雑な構造の住宅も、断熱材を吹き付けて発泡させるから隙間なく施工でき、 また自己接着能力によって強力に構造体に接着するので、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持します。
高い気密・断熱性を持つ住宅は省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。

断熱性×気密性

断熱性×気密性

室内温度差によるヒートショックも起こしにくく長期間に亘って快適な空間を維持することができます。

常時湿潤状態にある木材と腐朽菌
※常時湿潤状態に
ある木材と腐朽菌

一定の透湿抵抗により断熱材の内部結露も起こりにくく腐朽菌の繁殖を抑制する事で、耐久性に優れた住まいを実現します。

アルミサッシ 樹脂アングル

アルミサッシ

樹脂は非常に熱を伝えにくい素材です。樹脂の熱伝導率(熱の伝えやすさ)はアルミの約1/1000といわれています。 デュオPGアルミサッシは内装材と接するアングル部に樹脂を採用。温度差により発生する結露を抑え、結露による内装材の腐蝕を防ぎ、住宅の長寿命化に貢献します。

樹脂アングル

複層ガラスウォームエッジスペーサー

複層ガラス

ネオホームの複層ガラスは断熱効果に配慮し12mmの中空層を取り、ペアガラスは一般的なアルミスペーサーではなく、「ウォームエッジスペーサー」を使用しています。
アルミ製スペーサーより熱伝導率を低くおさえておりますので、ガラス周辺に起こりがちな結露をさらに減少することができます。冬でもエッジ部が冷たくなりにくい構造です。

金属サイディング×断熱性

本体芯材に使用している硬質イソシアヌレートフォームには高い断熱性があります。
デザインシリーズ・シンプルシリーズ16mm(熱貫流率1.63W/(m2・K))と同等の断熱性能を得るためには、 窯業系サイディングで約6倍、モルタルで約42倍の厚みが必要です。

金属サイディング×断熱性

ページ最上部へ戻る