NEO HOMEの家を知る

直感からはじまる 好きな家

心地よさ、開放感、すべては愛着につながっていく木の家。

まず最初にお伝えします。NEO HOMEは、基本的な外観、内装、間取り、仕様がほぼ決まっている企画住宅です。

好きな家、と聞いて思い浮かぶのは、間取りから仕様まで、ぜんぶ自分たちで決めていく注文住宅かもしれません。ただそうなると、家について家族が決めることが多くなり、ほんとうは、建てた家でどんな暮らしをしたいのか。考えるだけでも楽しくなる要素から、家族が遠ざかっていくのではないかと考えました。

そこでたどり着いたのが、企画住宅です。「規格」ではなく、「企画」。フォーマットはある程度決まっていますが、そこにつめこんでいく家族の暮らし方は自由です。家での暮らし方のイメージがどんどん広がるよう、さらに家に暮らしはじめてからも、どんどん好きになっていけるよう、企画設計の段階から使う素材、内装、間取り、仕様すべてにおいて、デザイナーが考えに考え抜いた結果のカタチなのです。

NEO HOMEグランドコンセプト

家づくりのピュアな気持ちを大切にしたいNEO HOMEの企画住宅。

家づくりのスタートは、ここでどんな暮らしがしたいのか。とてもピュアな気持ち。そのピュアな気持ちを後押しするために、NEO HOMEは吟味を重ねた家づくりを提案しています。自慢したくなる家のフォルム、快適さを第一に考え、素材を吟味した木の家、家族の豊かな関わりをイメージした間取り。その基本となるカタチは、家づくりの核となるグランドコンセプトをもとにつくっています。

Grand Concept 01 普遍的で美しく

家というものは、永く住み続けるものです。流行を追いかけると、いずれは時代遅れになり、永く住み続けるためには、ずっと好きでいられる良質なベーシックである方がいいと考えました。家が家であるための核となるものは、屋根と壁。このコアな部分を確保し、余分な要素を加えないことでどんなに時間を経ても普遍的な美しさが浮かび上がるように工夫しています。

それは室内空間にもいえることで、使う素材、デザイン要素をそぎ落とし、迫力のある空間に。ただ余分なものがない中でも、フリースペースという余白をつくることで、家族のつながりを感じられるようにしています。家族のつながりは、家の普遍的な価値でもあるからです。

Grand Concept 02 控えめに主張する

帰ってくるたびに、ここが自分の家だとうれしくなる。遠くからでも、自分の家がすぐわかる。周りの環境の中で変に目立つのではなく、その他大勢の埋もれてしまうような家ではなく、しっかりとした唯一無二の存在感を放つ家は、あるがままのカタチ、そしてそれを構成する素材によってつくられます。

NEO HOMEの家の外壁には金属(ガルバリウム)と木材の2つの要素のみ。余計な飾りを加えず、プリントされた模様など意図的なデザインは無く、素材そのものが持つ迫力や、その普遍的で時代を感じさせない意匠によって、結果として時間が経っても古く感じない、そんな素敵な景色をつくりだします。

Grand Concept 03 丈夫な家

家に使用する素材のメリット、デメリットをしっかり把握し、その素材の良さを引き出し、発揮できる工法を見極める。これは、家づくりのプロであるハウスメーカーの使命でもあります。建築業界では、つねに最新の素材が開発され、家づくりのトレンドとなっています。

もちろん最新技術を導入することは悪いわけではありませんが、NEO HOMEは実績が確かな素材、家づくりにおいて“最良”のものを選ぶことが大切だと考えています。家族の暮らしを守る丈夫な家を構成する最良の素材や工法は、その確かな理由を説明できるものであるべきなのです。

Grand Concept 04 機能する機能性

家の機能性は、ほんとうに必要なもの、暮らしのなかで機能するものであると考えます。裏を返せば、そこに暮らす人たちが使いこなせない高額で、高性能な機能性は追い求めるものではないのです。NEO HOMEは、永く住み続けられる家づくりを大前提に、構造材選びや、吹きつけ断熱など気密性や断熱性といった家そのものの性能を上げるために必要とされるものは、妥協せずに取り入れています。

そのなかで暮らしを快適にするのは、暮らし方のちょっとした工夫やこころがけ、手入れといった、住む人の心のありようかもしれません。家と家族がいい関係であることが、永く暮らすためのヒケツでもあります。

Grand Concept 05 永く暮らす

NEO HOMEの企画住宅を構成するものはすべて、この「永く暮らす」ためのものです。永く暮らすためには、そこで暮らす家族の愛着が必要不可欠です。その愛着という感情を生み出すのは、直感的に「好き」という気持ちです。それは自分の感性に正直であることで、直感こそがずっと変わることがない価値観です。

普遍的であり、唯一無二の存在感があり、なおかつずっと愛着を持てるもの。このテーマを表現したのが、NEO HOMEの企画住宅なのです。

暮らしについての情報配信中!

NEO HOMEデザイナーからの不定期通信

NEO JOURNAL

Journal
テンポ空間は、テホンの空間
Journal
リビング至上主義
Journal
家ってなんだ?