NEO HOMEの楽しみ方

愛着につながる 好きな暮らし方

家族が愛着をもって暮らせるのは「好き」を詰め込める家だから。

直感に正直で、感性のおもむくまま暮らしを楽しむ。わがままのように見えるかもしれませんが、そんなありのままの生き方を応援したい。だから、NEO HOMEの企画住宅は、暮らしやすさ、快適さ、家そのものの機能性など、家づくりのプロであるデザイナーがさまざまなことを考慮に入れたうえで、素材、内装、間取り、仕様を決めています。

これからこの家でどんな暮らしがしたいのか、どんな好きなものを詰め込んでいきたいのか。家づくりの段階で、いろいろとイメージをふくらませることに集中してほしいのです。

家を建てる時に決めなければいけないことの基本は、企画住宅だからほぼ決まっています。「このウッドデッキで何がしたい?」「リビングにはどんな家具が合うかな」「家を建てたら、あの趣味にチャレンジしたい」。そんなこれからの暮らし方、生き方に思いをはせる時間。その家づくりの醍醐味といえる時間を心から楽しんでほしいのです。

NEO HOMEで見つける好きな暮らし方

暮らしのイメージがどんどん広がるNEO HOMEの”しかけ”。

NEO HOMEの家には楽しい暮らしをイメージできる“しかけ”が随所にあります。余分なものを無くしているからこそ生まれる、イメージが広がる余白。室内と外を結ぶ、ちょっとあいまいなスペース。ここでは、ほんの一部分ですが、家族の暮らし方のイメージがどんどん広がるスペースについてご紹介します。

家族をつなぐ、大きな空間。 リビングルーム

イメージしてみてください。家の中で家族がいちばん時間を過ごす場所はどこでしょうか。おそらくほとんどの家族の答えは「リビングルーム」だと思います。年月とともに、家族それぞれの成長にともなった暮らし方の変化があったとしても、リビングルームは一生使う空間といってもいいかもしれません。

NEO HOMEの家の最大の特徴は、リビングルームが中心の家づくりです。ラインナップによって間取りは変わりますが、その開放感と無駄のない動線は、居心地の良さを生み出すスペースとして最大限に活用できるように考えてつくられています。

この余白が、家族の楽しみにつながる。 フリースペース

限られた空間の中に、暮らしのステージを築き上げていくには、いかに余計な空間を削っていくのか。NEO HOMEの企画住宅は、最大限に空間を生かした設計に配慮しています。余計なものを削っていくと同時に、○○のための部屋「○○部屋」をつくらず、自由に使えるフリースペースを取り入れることで、空間の自由さ、暮らしの広がりを生み出します。

リビングルームとゆるやかにつながっているこのフリースペースこそが、好きな暮らし方を表現するために絶好な空間です。「フリースペースにこんな使い方があったのか!」と、驚くような使い方で楽しんでいるNEOオーナーも多くいらっしゃいます。

外につながる、もうひとつのリビング。 ウッドデッキ

NEO HOMEの家の特徴として、箱型の外観と大きく出ている軒とウッドデッキがあります。これがNEO HOMEの家、といえる象徴的なこのカタチは、機能面において大きな意味がありますが、家での時間をより豊かにする要素でもあります。ウッドデッキは、リビングルームの開放的な居心地の良い空間と屋外をあいまいにつなぐことで、外の景色を室内の一部として取り込みます。

いわゆる室内からゆるやかにつながる、もうひとつのリビングルームなのです。天気のよい休日は本を読んで過ごしたり、時にはお弁当を広げてみたり、庭の手入れをしながら子どもたちは水遊びしたり、暮らし方のイメージは広がる場所です。

NEO HOMEに暮らす人から、楽しい暮らし方のヒントを!

NEO HOMEの、NEO LIFE

NEO HOMEに暮らす人