これが手形式というやつ


これが噂の手形式なんです。

皆さんこんにちは!
手形式だけは欠かせないと思う
株式会社エコスペースの今吉です。

上棟式という行事を知っていますか?
まぁ、よく聞く言い方だと
「棟上げ」
というでしょうか。
まさしく、屋根を支える中心の梁「棟」(むね)が上がる時です。
そんなイベントによくある行事が
餅まきなどをしますね。
厄を集まってくれた人に拾ってもらう。
そんな意味のある行事です。

家の大方の形が完成する瞬間であり
これから家に、家族に降りかかるかもしれない厄を払う時でもあり
とにかく重要な節目なのです。

そんな時に私たちは、手形式という儀式を追加。
一生の家づくりを一生の想い出に残して欲しい。
家が完成してからずっと語り続けられる家になって欲しい。
そんないろんな想いを込めて一枚の板に手形を押してもらい
家族でお守りを作ってもらいます。


こんな感じにね
ご家族にとって家との本当の始まりは
家が完成してから!
それから何十年もその家が家族を守り続けてくれます。
だからこそ、こうして手形で家族の想い(生命)を吹き込んでもらい
そして、家族の願いを書き記してもらう。
そうして完成した、お守りを
家の天井裏に張り付ける。
きっとずっとずっと見えないところでこの想いの板が
家族の幸せをずっと守ってくれる。
私は、そう信じています

だってこんな素敵な家族なんだもの。

もう幸せになる道しか残されていません。
だってもう悪い道は、きれいに浄化してしまいましたから

そんな特別な手形式。
これからもずっと続けていきます

それでは!

新築・リフォームをもっとおしゃれでかっこいいものに。
新築・リフォームのことならなんでもご相談ください。
鹿児島の工務店 株式会社エコスペースの今吉でした。