ネオホームの床は、無垢のレッドパイン。

ネオホームが使用している床材について

お話したいと思います。

 

弊社が使っている床材は「レッドパイン」といって

マツ科の針葉樹です。

肌触りがやわらかく、熱伝導率が小さい素材ですので

触れるとわかりますが、「ひやっ」としたり

熱であつくなったりしにくく、

ちょうどいい、というかやさしい温度で体感していただけます。

レッドパインを床材の標準仕様としています。

 

 

特徴としては、優しい木目で無垢材特有の良い香りです。

日光の反射をやわらげるので、目にもやさしいというメリットも。

 

デメリットとしては、傷がつきやすく、伸びたり縮んだり、

変形することもあり、シミがつきやすいこと。

 

ただ、レッドパインに関して言えば、傷がついても

それほど目立たないので気になりません。

 

変形することは、自然の素材を使用している醍醐味、でもあります。

そうやって家の経年変化を楽しむ、というのもなかなか良いもの。

 

シミについては、早めの対応で極力防ぐことができます。

水などをこぼした際は、早めに拭き取るなど、ですね。

 

ネオホームが床材に無垢を使う理由は、家族とともに年月を経て

家族の成長とともに家も経年変化する。それを楽しみながら

暮らしていただきたい、という思いが込められています。

 

その心地良さや、肌触りの良さは、体感していただくのが一番だと思います。

気になる方は、ぜひモデルルームで体感してください。

 

 

https://www.neohome.jp/kumamoto/modelhouse