ネオホームは、無垢床が標準仕様。

みなさんこんにちは、営業の松本裕太郎です。

今回私がご紹介したいのは、

ネオホームの標準仕様の無垢材と、

複合材と呼ばれている一般的なフローリング材の

違いについてです。

 

 

 

無垢材は、その名が示すとおりに

100%天然木丸太から切り出した床材のことです。

一般的なフローリング材と比較すると高価ですが、

足さわりが良く、やわらかいのが特徴です。

さらに、天然木なので、木が呼吸するように

調湿機能があります。だから、結露が発生しません。

 

 

そして、対する複合材は、

木材を接着剤で貼り合わせた、合板の床材です。

無垢材と比較すれば、安価です。

足さわりが硬く感じ、木本来の風合いが出ません。

表面に結露が発生しやすく、そのため劣化しやすいのです。

 

 

 

湿度の高い日や、お風呂場まわりで結露が出るのは

正直、イヤですよね。

さらに、結露はカビ発生の原因となるので

木材の耐久性の低下や、健康被害にもつながることも。

 

さまざまなことを考慮に入れたうえで、

ネオホームでは無垢の床材を標準仕様としています。

 

その肌ざわりや、室内環境の心地良さは、

モデルハウスや、見学会場で確認いただけます。

ぜひ、お越しください。

 

平成けやき通り店

長嶺南モデルハウス店