ネオホームの、ガルバ愛は尽きません

こんにちは、橋本です。

 

 

こちらは、ネオホームの新シリーズにして、人気急上昇の

「A-CHIC」アチック、です。

三角お屋根、この室内は広々とした吹き抜けになっています。

このA-CHICのモデルハウスが、ゆめタウンはませんのすぐ裏に

オープンしていますので、気になる方はぜひお越しください。

 

さて、今回ご紹介したいのは、

A-CHICでもドーンッとした存在感を放っている

ガルバリウム鋼板です。

 

このブログでも、いろんな担当者が、いろんな角度で

紹介しています。

ネオホームは、ガルバ愛があふれているハウスメーカーです(笑)

 

 

 

ガルバリウム鋼板は、アメリカで開発された

アルミニウムと亜鉛合金のメッキ鋼板です。

アルミニウムが55%、亜鉛が43.4%、シリコンが1.6%でつくられています。

軽量で耐久性が高いので、金属製の外壁材として人気です。

屋根材としての需要も高いのです。

 

ガルバリウム鋼板の外壁材は

「金属サイディング」と呼ばれ、断熱材がセットになっている

場合が多く、外壁で使うガルバは20〜25年の耐用年数があります。

 

ガルバリウム鋼板を外壁材として使用するのは、

さまざまなメリットがあります。

 

金属材の中では錆びにくい

アルミニウムが主原料なので、

トタンなどと比べて非常に錆びにくいのが特徴です。

 

防水性が高い

窯業系サイディングやALC外壁と比較して

隙間が少ないので内部に水が入り込みにくいのです。

 

軽量で耐震性が高い

これは何度もこのブログでご紹介している特徴ですが、

外壁材の中でも特に軽量なので、家そのものが軽くなります。

軽い住まいは、耐震性が高いといえます。

 

 

 

機能的に言えば、特徴いろいろありますが、

なんといってもガルバは、かっこいい。

ずっと見ていて、飽きないです。

 

https://www.neohome.jp/lineup/a-chic