ネオホームの社内検査

こんにちは!松本です。

本日はお引渡し前の社内検査についてご紹介します。

 

まず新築工事においての検査として、

第三者機関である「建築審査センター」の検査員による検査が3回行われます。

 

1.配筋検査

→基礎コンクリートを打つ前に、法律に基づいた配筋になっているか、

鉄筋が足りてない部分や多すぎてコンクリートの強度を妨げていないかなどのチェック。

2・金物検査

→躯体を固定し、強度を高めている金物が正しく付けられているかをチェック。

3.完了検査

→本体工事完了後、設置されている火災報知機などの設備などのチェック、

本体工事が問題なく完了していることをチェック。

 

以上の第三者機関による3検査とは別に、社内検査も実施します。

 

 

壁や床などの傷の確認から建具の開閉確認、水道の通水実験、

コンセントや照明スイッチの通電検査など項目はさまざま。

実際に住んでいることをイメージして、

使いにくいところや不具合がないかをチェックします。

 

 

10名以上のスタッフで2時間強しっかり検査をして、お引渡しの準備に入ります。

その後、施主様による施主検査を経て、待ちに待ったお引渡しという流れです。

大切なお住まいになるところだからこそ、

私たちも一切の妥協無く、徹底的に検査を行っています。

 

 

ネオホームでは、お引き渡し後も安心して生活いただけるよう

安心・保証制度も用意しています。

いつでもご家族が楽しく暮らせるお家づくりをサポートいたします!
https://www.neohome.jp/spec/warranty