躑躅(さて、なんと読むでしょうか)

「躑躅」

この難しい漢字、なんと読むでしょうか?

 

正解は「つつじ」です。

3月から咲き始めますが、

桜が終わり新緑美しい時期にピークを迎え咲きほこります。

 

花が連なって咲くことから「つづき」、

また花が筒状であることから「つつ」と呼ばれ、

それが「つつじ」になったのだとか。

 

「つつじ」の花言葉は 節度、慎み。

いいですね。

 

また赤のつつじは「恋の喜び」、 白のつつじは「初恋」と

色によって異なる花言葉があるようです。

 

万葉集にもつつじを詠った句が収められているように、

日本では古くから親しみのある花だと言えます。

 

また乾燥、排気ガスなど環境汚染に強いことから

街路樹や公園の花壇にもよく採用されているみたいですよ。

 

頼もしい花ですね。

 

 

 

また現在、ネオホームでは見学会を開催中です
興味のある方は是非ご覧ください
イベント情報はコチラ‼