世界遺産「姫路城」

設計工務課の古川です。

少し前の話になりますが、今年のGWに姫路城へ行ってきました。

 

姫路城は平成5年、法隆寺と共に、日本で初めて世界文化遺産に認定されました。

実は20年くらい前にも一度訪問したことがあるのですが、たまたま休館中で中に入れず。

門の前まで行って、残念な気持ちで帰ってきたのを覚えています(笑)

 

 

今回はようやくリベンジ!

「平成の大修理」後の真っ白な外観からは大分落ち着いた感じになっていますが、

それでも白鷺城の名に間違いない風格ですね。

もちろん我が熊本城が最高ですけど!(笑)

でも、姫路城もいいですねぇ~。

 

 

中にある木造模型では、組み方を勉強できます。

 

 

東と西に大きな柱があり、根本の太さは750×950くらいだそう。

僕が見たところは巾700くらいでしたね。

補修なども行っているのでしょうが、細かな割れもなく立派に鎮座していました。

 

 

ネオホームも和室があると大きな柱(200角くらい)を使用しますが、

こんな風に貫禄ある柱になればいいなと思います。

プライベートなのに、ついつい建築を見る目は

仕事モードになってしまいますね。

 

ネオホームは和室の有無を含め、選んだラインナップをベースに

自在のカスマイズを楽しめる企画住宅です。

オーナー様の個性やこだわりが詰まった「施工事例」を

多数ご紹介していますので、ぜひご参考に!

https://www.neohome.jp/case