木の家は、シロアリ対策万全に!

皆さん、こんにちは!

猛烈な暑さと闘って、なんとか8月を乗り切りました。

9月に入って、あの台風10号が九州を過ぎたあたりから

急に秋っぽい日が続いています。

そろそろゴルフをはじめようかと考えはじめている

営業の松本裕太郎です。

 

さて、今回私がお話したいのは、

ネオホームが行っているシロアリ対策についてです。

まずは、知っているようで意外と知らない、シロアリについて解説します。

 

  • シロアリとは?!

木材をボロボロにするまで食い荒らす、憎きシロアリ。

アリ、という名前なのですが、実は、なんと、、、、

 

 

 

ゴキブリ!!!!

 

Gちゃんの仲間なんです。

 

そして、な、なんと、驚愕の事実!

全国で熊本と鹿児島だけが、シロアリの種類(全部で22種類らしいです)が

すべて確認されているという。

 

震えますね。

 

 

木造家屋の天敵であるシロアリですが、

家の地下に巣をつくってしまったら、、、、、、

 

 

 

数万匹以上!!!!

 

あっという間に繁殖してしまいます。

やつらは、そうして家屋を食い荒らしていくのです。

恐ろしい。

 

 

  • シロアリの手口とは?!

さて、シロアリがどうやって木の家を食い荒らしていくのか

ちょっとご説明します。

 

シロアリは太陽の光を嫌うので、木材の中に侵入します。

中に侵入して、道をつくりながら食べ続けます。

木材を表面から見ると何の変化が無いように見えます。

これが、やっかい!

 

気づいた時にはもう遅い!

木材の中がボロボロになっているわけです。

 

シロアリ被害で最も恐ろしいのは

「耐震性能の低下」です。

過去に京都大学が調査した結果によると、

地震による家屋倒壊や損傷が激しかった家の7割以上に

深刻なシロアリ被害が確認されています。

 

地震大国の日本で暮らすなら、

家屋の耐震性能に直結するシロアリ対策が

大変重要だということがわかります。

 

 

  • ネオホームのシロアリ対策

さて、ここでようやく本題に入ります。

ネオホームは、耐震等級は最高の等級3です。

それに加えて、シロアリ対策として

 

「エコボロン」

 

という防蟻剤を使っています。

この「エコボロン」はホウ酸塩鉱物が主原料で

人間に無害なものです。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心できる素材です。

 

実はこの「エコボロン」は、

重要文化財の建物の防蟻剤としても使用されているもの!

日本三名城の熊本城にも、同じ防蟻剤が施されています。

まさに、最高(といえる!)の防蟻剤です。

 

シロアリ対策で妥協しても良いことは少しもありません。

むしろ、妥協することで不安がついてまわります。ずっと。

シロアリ対策を万全にすることで、家族の命を守ることになります。

 

シロアリ対策について、もっと熱く語ることができますので、

どうぞ遠慮無くおたずねください。

 

営業の松本裕太郎でした!