A-CHICの家の中に、橋が?!

こんにちは、設計課の古川です。

今年の夏は、ほんとうに暑い夏。酷暑、でした。

9月に入って涼しくなり、過ごしやすくなりましたが

皆さんは、この夏いかがお過ごしだったでしょうか。

 

今回の話題は、橋(ブリッジ)です。

家の話に、なぜ橋?!と思われるかもしれませんが

最後までご覧ください!

 

 

おなじみの、レインボーブリッジです。

しかも、真っ赤にライトアップされているレインボーブリッジ。

東京アラート最中のものですが、なんだか

おどろおどろしいですね。

 

 

そしてこちらは、熊本県民ならば誰もが知っている!

山都町にある「通潤橋」です。

通潤橋は、江戸時代、水不足に悩んでいた地域に水を送るために

つくられた日本最大のアーチ式水道橋です。

この放水される様は、圧巻です。

 

 

そしてこちらが、ネオホームの新しいラインナップである

A-CHIC(アチック、と読みます)。

このA-CHICは、三角お屋根の部分が吹抜になっていて

とても開放的なんですが、この中にも

“ブリッジ”が設置されています。

 

 

鉄骨階段と吹抜の間を横断する構造になっており、

下からの眺め、上からの眺め。

さて、どのようになっているのか、見てのお楽しみです。

 

A-CHIC