マニアックなラインナップ比較

こんにちは、設計課の古川です。

あんなに暑かった夏は、もう遙かむかしのことのよう。

すっかり秋の気配が漂いまくっている今日この頃です。

今回は、ネオホームシリーズの比較をご紹介します。

 

比較の前にまずは、設計における基礎知識から。

家づくりに取り組んでいらっしゃる方なら

もう誰もが知っている、最初に覚える知識といってもいいくらいの

ものだとは思いますが。

 

  • 延床面積

のべゆかめんせき、です。室内の「床」がある部分の

合計になります。2階建てならば、1階の「床」、2階の「床」があるので、その合計。

単位は、㎡(平米:ヘーベー)。

 

  • 建物内容積

たてものないようせき、です。室内の空間(床下も含みます)の

合計になります。この数字がなぜ設計に必要なのかの解説は、最後にします。

単位は、㎥(立米:リューベー)。

 

 

ここで、かなりマニアックなのですが

ネオホームの各シリーズのそれぞれのランキングを出してみました。

まずは、延床面積!

 

[延床面積ランキング]つまり、面積が大きい順です

1位 V-seed Ⅲ(119㎡)

2位 A-CHIC(104.96㎡)

3位 V-seed Ⅱ(104.75㎡)

4位 F-Line Ⅲ(100.20㎡)

5位 V-seedβ(100.19㎡)

6位 F-Line Ⅱ(95㎡)

7位 V-seed Ⅰ(93㎡)

8位 F-Line Ⅰ(81㎡)

 

 

続いて、建物内容積です。2階建てのラインナップが

優位のように感じますよね。でも結果は、

 

[建物内容積ランキング]つまり、容積が大きい順です

1位 V-seed Ⅲ(334㎥)

2位 A-CHIC(323㎥)

3位 V-seed Ⅱ(293㎥)

4位 F-Line Ⅲ(291㎥)

5位 V-seedβ(285㎥)

6位 F-Line Ⅱ(281㎥)

7位 V-seed Ⅰ(262㎥)

8位 F-Line Ⅰ(241㎥)

 

いやはや驚きました。面積と容積の順位が、まったく同じです。

平屋シリーズ(F-Line)よりも2階建てには吹き抜け部分があるので

当然容積は増えると想像つくのですけどね。

A-CHICとV-seedⅡの延床面積はほぼ同じでも、容積はかなり差がつきました。

やはり三角形の吹き抜けが影響しているのですね。

 

V-SEED®

A-CHIC

 

 

 

ちなみに、この建物内容積の数字は24時間換気計算で使用する数字です。

トイレやフリースペースに設置する換気扇風量をこの容積の数字で割って

法律で規定されている1時間に半分の容積を換気できるようになっています。

ネオホームは基礎断熱仕様なので、床下空間もエアスリットを使って換気しています。