家づくりで考えたい、家の保険のこと。

 

今回は家に関わる保険についてちょっと解説します。

家の保険、といえばまず思い浮かべるのは「火災保険」。

この「火災保険」、名称でいえば火事のための保険、と思いがちですが

火事だけでなく、風、雨、水災など、「入っててよかった」と

思える場面は多岐にわたります。

ちなみに、台風による被害の修復にも役立ちます。

 

熊本地震を境に、改めて意識が向いている地震保険は

単体では加入することができません。

この「火災保険」とセットになります。

 

家の中のもの、家具など建物内に持ち込んだ物には

「家財保険」がありますね。

 

現在のルールでは、最長で10年間の加入ができます。

一度加入すると、そうたびたび見直す機会は無いかと思いますので

家づくりを楽しく進めるためには、その家を守る

保険についても積極的に考えていきましょう。