現場での働きモノ、バックホー!

今回は、建設現場に無くてはならない重機をご紹介します。

土を掘るために欠かせないのが「油圧ショベル」です。

建設現場では、この「油圧ショベル」のことを“バックホー”という

呼び方で親しまれています。この“バックホー”が

かなりの働きモノでして、現場で「つらい!」という言葉ひとつも漏らさず

黙々と働いてくれます。

 

まぁ、操縦者「オペレーター」がサボったら“バックホー”も

一緒にサボりますけどね。

 

 

この子たち(親しみを込めて)にも兄弟がいて、なかなかの人数です。

兄弟の順番は、重機の先端についている「バケット」の大きさで決まります。

重機メーカーのコマツさんでも10以上のラインナップがあります。

 

 

その兄弟を乗りこなし、使いわけ、働き続ける操縦者「オペレーター」を

私は本当に心から尊敬しております。