キンチョーの、構造検査。

んにちは、工務の山田です。

 

家を建てるには、たくさんの作業と工程があります。

その中には、もちろん検査も含まれています。

第三者機関による基礎の鉄筋の検査、そして構造の検査です。

 

今回ご紹介するのは、構造検査。

立ち合いで行ってきました。

この構造検査は、いったん断熱材を吹き付けてしまうと

設置したボルトや金物が見えなくなってしまうため

断熱工事前に行います。

 

検査員の方が図面の通りに指示された金物が付いているか、

緩んでいないか、筋交いや火打ちは図面通り設置されているか、などを

建物内をぐるぐると何周もまわって確認されます。

 

ぐるぐる

 

ふむふむ

 

ぐるぐる

 

………

 

試験を受ける学生の気分です。キンチョー

 

工務の私が立ち合う理由は、もし不備があった場合に

是正するためです。無事指摘なしで検査合格すれば、

担当している職人も、私も、毎回うれしいものです。