家づくりの要! 地盤調査

こんにちは、営業の橋本です。

 

今回は、住宅を建てるにあたり、

とても重要となる「地盤調査」についてお話します。

 

地盤調査とは、建築物を建てる際に必要な

「地盤の性質」を把握するための事前調査のことです。

建築予定地の地層の構成や、地下水の有無などを調査し

基礎の設計や地震に耐える力を算出するために

必要となってくるものです。

 

 

ネオホームが採用しているのは、

SDS試験といわれるもので

砂質土、粘性土、腐植土などの土質までも

明らかにすることができる精度の高いものです。

土質を判別できれば、より的確な地盤評価ができます。

 

特に日本のように地震の多い国では、

地震対策は重要です。地震以外でも、

さまざまな災害に対応し、永く暮らすためにも

欠かせない調査です。

 

地下の状態によっては、

住宅を建てる際に地盤改良費がかかることもあるので

ご相談いただければ、

土地選びから一緒に考えてまいります!

 

ネオホームが大切にしているコンセプトである

「永く暮らす」ためにも、最適なご提案をさせていただきますので

わからないことがあれば、何でもご相談ください。