太宰府天満宮の伝説

太宰府天満宮に参拝してきました。

こういう所を訪れる際には、

ちょっとでも予備知識を備えておくと

楽しさが2倍くらい増しになりますか?

 

太宰府天満宮といえば、飛梅伝説ですね。

もちろん、調べて行きました。

菅原道真が太宰府に左遷になった時に

大好きな梅の花との別れがあまりにもつらくて

 

「私は福岡って遠いところに行くけど、

私がいなくなっても、春になったら咲き誇ってな

私が大好きだったおまえとの春を忘れるんじゃないぞ」

 

と、梅の木に語りかけるように詠んだ歌。

この歌にしびれた梅の木が、一晩で京都から

福岡まで飛んできたとか…

 

ロマンチックも度が過ぎると伝説化するらしい。

嫌いじゃないですね。

 

 

牛の像もなんでしゃがんでるんだ?

「護身牛(ごしんぎゅう)」と言うらしいですが、

はい、それも予習していきました。

菅原道真が「自分が死んだら、牛車に遺体を引かせて

その牛が止まったところに埋葬してくれ」と頼んだという

話が残っている。

 

他にも調べましたが、今回はここまで!

 

 

 

太宰府のスタバ!

おしゃれ過ぎて気負うレベルです。

熊本にもこういうコンセプトショップのような店舗があればなぁ。

 

 

しかし、木の表現はまだまだ底が見えないくらい

奥が深い。いろんな建築家を虜にしますね。

 

隈研吾先生のこういう木を絡めて組み合わせた造形は、

ほんとインパクトあります。