住みやすいか、どうか。それが問題だ!

こんにちは、松本裕太郎です。

みなさんは、家の間取りを考えるとき、方角って気にしますか?

 

もちろん、イエス!

 

だと、思います。

 

部屋に太陽の光を多く取り込んで、あかるいリビングにしたい。

だから、南側に大きな窓や掃き出し口をつくりますよね。

 

風水の考えを取り入れて、方角など、間取りを考える方も

多くいらっしゃると思います。

 

そうなんです。方角って、家づくりにおいて大事なのです。

 

 

間取りを考えるうえで、一番大事にしていただきたいポイントがあります。

それは、

 

住みやすいか(使いやすいか)どうか!

 

 

 

なぜ、ここで黒板!? と思いますよね。

 

日本の学校のほとんどは、黒板が教室の西側の壁にあるそうです。

知っていましたか!?

これには、使いやすさのことを考えて、

ちゃんとした理由があります。

 

一般的には、太陽光を多く取り込むために南側に窓を配します。

もし、窓のある南側に黒板を配置したら、

そもそも窓の役割をなさなくなりますし、逆光で黒板の文字がよく見えません。

反対側、北側に黒板を配置したなら、

教壇の先生から、生徒たちの顔が逆光でよく見えません。

 

さらに、東側に黒板を配置した場合、

教室の右側から光が入ってくることになります。

日本人のほとんどが右利きだということを考えて、

右側から光が入ると、自分の手で影ができるので勉強しづらい、というわけです。

だから、黒板を西側に配置する学校が多いのです。

 

家というものは、人生の中でとても長い時間を過ごす場所です。

風水にこだわるのも、もちろん素晴らしいことです。

ただ、それで不便なつくりになってはストレスですよね。

 

ネオホームでは、経験豊富なスタッフが

お客様の要望に寄り添ったカスタムを提案しています。

わからないことがあったり、相談したいことがあれば

気軽に聞いてくださいね!