設計士のエスキス公開!

こんにちは、設計課の古川です。

ネオホームの家は、基本仕様と、基本の間取りが決まっている

企画住宅なのですが、時々注文住宅も手がけています。

お客様の要望をうかがって、簡単な部屋の配置を考えます。

 

 

 

落書きに見えますが、違いますよw

これは、ゾーニングと言って、各部屋のつながりや

方位などを概略でスケッチしていきます。

 

 

ゾーニングが大方決まったら、エスキスです。

エスキスとは、設計作業の初期の段階で行うもので

設計士が自分の考えをまとめるような、計画をまとめるような

もの、と言ったらいいですかね。

 

このエスキスをマス目のペーパーに書いていきます。

いちからプランをつくる時は、今でも手書きです。

書いては消して、書いては消しての繰り返し。

書きながら、考えをまとめるような行為です。

考えるときは、かなり没頭するので2、3時間あっという間に経過します。

 

この時点の手書きの図面を、完成した建物と比べてみるのが

好きなんですよね。

プランがまったく変わっている事もあれば、ほぼそのままの場合もあり、

ひとりでニヤニヤしています(心の中で、ですねw)

 

 

ちなみに、ネオホームの企画住宅でも、好みの仕様に変更したり、

家族に合わせた間取りにするなど、カスタムができるので

(実はカスタム率ほぼ100%!)

気軽にご相談ください。