無垢材の、経年“美化”

こんにちは、営業の松本です。

今回は、ネオホームの特徴である無垢材の経年美化について

お話したいと思います。

 

 

そもそも、木材の色が変わる要因として、最大のものが

「光」です。

光には、さまざまな波長があります。特に紫外線の影響は強いものです。

紫外線といえば、人の肌にも影響を与えるものとして知られています。

木材の成分のなかで、この紫外線にもっとも強く反応するのが

「リグニン」という成分です。

 

このリグニンは、人の肌でいうと「メラニン」という成分と

思ってもらうとわかりやすいかと思います。

この成分が紫外線を吸収し、分解、変性していくなかで

木材の色は変わっていきます。

 

家を建てた後、長い時間をかけて無垢床の色合いは変化して、

どんどん味のあるものになっていきます。

それが、住んでいる人を楽しませてくれるはずです。

 

無垢材の経年美化について見てみたい、という方は

ぜひモデルハウスにてお確かめください。

お待ちしています。