地震の揺れを、面で支える

こんにちは、ネオホームの松本です。

今回、私がご紹介するのはネオホームで

標準仕様として採用している「パネル工法」についてです。

 

 

こんなに小さな国土なのに、

地震大国と呼ばれるくらい、地震が頻繁に起きている日本。

家づくりにおいても、地震対策はとても大事です。

 

2016年に熊本地震を経験したこともあり、

耐震に対する考え方も、その重要度について

結構考えていらっしゃる方は多いと思います。

 

日本では、筋交(すじかい)工法の住宅が多く建てられています。

筋交工法とは、柱と柱の間にななめに建材を入れ、

建物を多くの「点」で支える工法です。

 

点で支えるだけでは、大きな地震に耐えることができません。

その理由は、「点」で支えるため、一箇所に強い負担がかかるのです。

 

 

ネオホームでは、「ノボパン」という構造用合板を使用しています。

ノボパンは、面材耐力壁ともいい、

その名の通り建物を「面」で支えます。

 

地震による建物への負担を分散することができ、

筋交工法と比較して、耐震性能は約2.4倍になります。