地元の職人さん

こんにちは、ネオホームの上原です。

私の地元である熊本県宇城市小川町に

城郭や寺社の鬼瓦製作、修復を行っている藤本鬼瓦製作所があります。

鬼瓦って知っていますか?

 

 

実物を見ると、ピンときますね。

神社仏閣によく見られる↑コレです。

むかしの古い住宅には鬼瓦がのせられていましたが

今の住宅にはあまり見られませんね。

 

鬼瓦製作の職人さんのことを「鬼師」と言うのですが

熟練した技術が必要で、何十年もの修行を経てやっと

この「鬼師」を名乗ることができるそうです。

 

宇城市小川町の藤本鬼瓦製作所は、

熊本城の鯱(しゃちほこ)の製作をされている職人さんです。

 

 

全国でもわずか30名くらいしかいないという鬼師が

この熊本、私の地元にいらっしゃるのは誇りですね。

 

瓦は、1400年の歴史があるそうですが、

ネオホームの家には瓦を採用していません。

ですが、大工さんをはじめ、さまざまな技術を持った

多くの職人さんの技術によって、ネオホームの家づくりは

支えられています