断熱工事現場から、レポートします!

ネオホームでは、現場発泡断熱材を採用しています。

まず、現場発泡断熱材とは、文字通り工事現場で水を使って

現場で発泡させながら吹き付けていく断熱材のことです。

 

写真で見ると、よくわかると思います。

この壁面の白いボコボコしたものが吹き付けた後の断熱材です。

 

この現場発泡断熱材のメリットを挙げてみると、、、

 

  • 隙間なく施工できること
  • 自己接着力により、長く気密性能を維持できること
  • 吸音性にも優れていること

 

この3つがあります。

 

一方でデメリットは、

それぞれの現場で施工品質を確保できるかどうか

 

ということです。

 

ネオホームの場合は、各現場の施工品質を確保するために

断熱材を施す構造材はKD材(乾燥材)を使用しています。

そうすることで構造材の収縮を最小限にし、

将来的に隙間が生じにくい仕様にしています。

 

現場での確認は、吹き付けた断熱材が仕様通りの厚みを

確保できているか確認を行い、断熱性能の確保を行っています。

 

 

この吹き付け断熱材は、施工の途中でしか見ることができない部分なので

施主様にも現場で確認いただく機会を設けています。

 

 

かなり限定された期間でしか見られない光景ですので、

ぜひ皆さんにも、構造の状態を見ていただきたいものです。