ネオホームの標準仕様、金属屋根

ネオホームでは標準仕様となっている金属屋根。

元々、工場や大型施設などでよく使用されているもので、

それで見たことがある方も多いと思います。

 

ひとことで金属屋根、といっても、

金属の種類も形状もさまざまあります。

 

中でも、ガルバリウム鋼板と呼ばれる

溶融55%アルミ亜鉛メッキ鋼板が有名ですね。

そのほかに、アルミと亜鉛の比率が違うもの、フッ素が含まれているもの、

塗装だけのカラー鉄板、銅、ステンレス、チタンなどなど

ほんとうに種類が多いのです。

 

屋根の種類も住宅で使われている縦ハゼ葺き、瓦棒、

工場や駅で使用されているルーフデッキ、丸馳折板屋根などがあります。

 

商品名では、ダブルパックと呼ばれているW屋根。

屋根を一度葺いた上に断熱材を敷き込み、さらにその上に

屋根を葺く、という工法です。

 

 

写真は、九州国立博物館です。

この屋根材は、いわゆるW屋根で、ルーフデッキ折版屋根の上に

チタンのシーム溶接工法(縦ハゼの部分を電気溶接)のものになります。

 

 

そのW屋根の図解を書いてみましたが、

わかりますか???