プレカットの現場から、松本です!

ネオホームの家は、木の家。

そう実感できる、木材にまつわることを今回は

ご紹介していきます。

 

ネオホームの家として使われる木材は、

建築現場に運ばれる前にプレカットされています。

プレカット、という言葉はわりとなじみのあるものかと思いますが、

 

「事前にカットしておいた」木材のことをいいます。

 

 

先日、ネオホームで使う木材をカットしていただいている

Lumbexという会社の工場を見学に行きました。

 

場所は、パークドームの横にあります。

 

広大な敷地内に大きな工場や倉庫がたくさん並んでいて、

運送用のトラックやフォークリフトが何台も動いていました。

 

 

工場の中には、たくさんの巨大な機械が並び、

コンベアで運ばれてくる木材をカットしたり、

現場で木材同士を接合するときにかみ合うように

「ホゾ」と呼ばれる凸型の加工を施したり。

 

 

 

工場長さんにお話を聞くと、この工場内の木材加工作業は

95%が機械で行っているそうです。

 

家を建てる時には設計図をひきますが、その設計図の前に

構造計算を行います。その構造計算の結果に基づいて

柱や梁、桁などの部材の太さや配置を決めます。

 

機械が正確な加工を行うので、現場で長さが合わないなどのトラブルは

ほとんどありません。

 

事前に加工したものが建築現場に届くので

作業効率が格段に上がっています。

 

 

従来は大工さんが現場で、採寸、加工、組立を行っていましたが

プレカットによって、その作業時間が短縮されます。

棟上げの日、ほとんどのお客様が組み上がる速さに驚かれます。

それによって、工期もかなりスピーディに進めることができるのです。