木板張りの軒天

NEO HOMEの特徴のひとつである深い軒。箱形の外観に変化をもたらす特徴的なデザイン要素でもあり、夏の日差しをおさえ、冬の冷たい風をやわらげ、雨が直接的に入りこむことを防ぐなど、暮らしを守るための機能性を備えています。昔ながらの日本の家屋にも深い軒があるように、日本の風土が生んだ建築の知恵のようなものです。この深い軒を木板で仕上げることで、より存在感を演出しています。この細部にわたるこだわりこそが、永く家に愛着を持てるようなデザイン・設計の工夫でもあります。どのラインナップにも共通したNEO HOMEの個性です。

Next Contents

標準仕様

オプション